佐々木玲仁研究室

准教授 佐々木 玲仁 (ささき れいじ)

詳しい研究者情報を見る

研究・臨床活動のテーマ

研究テーマ
  • 風景構成法の描画プロセスおよび機序に関する研究
  • 臨床心理学の研究法に関する研究
  • 司法矯正分野における風景構成法の実践に関する研究
  • 心理臨床場面における言語的・非言語的相互作用の研究
臨床活動のテーマ
  • 真に「クライエントの役に立つ」とはどういうことか
  • 心理臨床家しかできないこととは何か
  • 心理臨床面接において非言語的技法をどのように用いるか
  • 心理臨床家は言語におけるメタメッセージをどのように受け取りどのように用いるか
  • 他職種との連携において心理臨床家はどのように専門性を発揮しうるか
これまで携わってきた臨床の領域
  • 教育臨床(スクールカウンセリング,教育相談)
  • 学生相談
  • 病院臨床
  • 私設心理臨床
  • 司法矯正臨床
  • 大学院附属心理臨床教育相談室,カウンセリングセンター

著作・学術論文

学術論文
  • 佐々木玲仁(2004)風景構成法におけるアイテムの描画時間,甲南大学学生相談室紀要,12,40-50
  • 佐々木玲仁(2005)風景構成法研究の方法論について,心理臨床学研究,23(1),33-43,
  • 佐々木玲仁(2006)祖母の死をきっかけに抑うつ状態となった30代女性との面接,京都大学大学院教育学研究科・心理教育相談室紀要 臨床心理事例研究,33,25-35
  • 佐々木玲仁(2006)風景構成法研究の文献展望,京都大学大学院教育学研究科紀要,52,187-199
  • 佐々木玲仁(2007)風景構成法に顕れる描き手の内的なテーマ—その機序と読み取りについて,心理臨床学研究,25(4),431-443
  • 佐々木玲仁(2008)風景構成法における空間構成の安定性,甲南大学学生相談室紀要,16,53-62
  • 長岡千賀・佐々木玲仁・小森政嗣(2011)心理臨床実践における描画に関する予備的検討,電子情報通信学会技術研究報告,111(59),143-148
  • 長岡千賀・佐々木玲仁・小森政嗣・金文子・石丸綾子(2011)心理臨床実践における描画に関する予備的検討(2) : 描き手の動作を指標として,電子情報通信学会技術研究報告,111(190),11-16
  • 長岡千賀・佐々木玲仁・小森政嗣・金文子・石丸綾子(2013)行動指標を用いた心理臨床の関係性に関する定量的検討 : 描画法施行場面を題材として,対人社会心理学研究,13,31-40
  • 川部哲也・鳴岩伸生・重田智・佐々木玲仁・加藤奈奈子・佐々木麻子・大野義一朗・渡邉研太郎(2015)日本における南極越冬隊員の心理学研究の展望,人間科学:大阪府立大学紀要,10, 123-141
  • 大場麗・佐々木玲仁(2015) 描画時間からみた風景構成法アイテムの特徴,九州大学心理学研究:九州大学大学院人間環境学研究院紀要,16,51-58
  • 服部文香・佐々木玲仁(2016) 日常会話における自己語りのプロセス:雑談の会話テクストの分析から,九州大学心理学研究:九州大学大学院人間環境学研究院紀要,17, 35-44
  • 大場麗・佐々木玲仁(2016)風景構成法におけるアイテムの大きさの継列的分析,心理臨床学研究,34(3),335-341
  • 野田美香・佐々木玲仁(2017) 小児がん患児の同胞に生じるPTSDに関する文献展望,九州大学心理学研究:九州大学大学院人間環境学研究院紀要,18, 53-61
  • 大浦みなみ・佐々木玲仁(2017) 箱庭制作プロセスにおける制作者と見守り手の相互作用:制作者の内省と見守り手の語りの比較による探索的検討,九州大学心理学研究:九州大学大学院人間環境学研究院紀要,18,63-72
  • 藤森優美香・佐々木玲仁(2017) 絵本を通して語られる内的体験:青年期に絵本を読むことで表出される語りに着目して,九州大学心理学研究 : 九州大学大学院人間環境学研究院紀要,18,105-115
  • 大浦みなみ・佐々木玲仁(2018)箱庭における見守り手の見守り方が箱庭制作へ与える影響,箱庭療法学研究,30(3),59-71
  • 田中良人・佐々木玲仁(2018) 物語理解時の情報の変化,九州大学心理学研究 : 九州大学大学院人間環境学研究院紀要,19,25-33
  • 田代結芽・佐々木玲仁(2018)共在性がコミュニケーションに与える影響 —発話の重なりに着目して,九州大学心理学研究 : 九州大学大学院人間環境学研究院紀要,19,59-68
著書(単著)
  • 佐々木玲仁(2012)風景構成法のしくみ ―心理臨床の実践知をことばにする―,1-246,創元社
  • 佐々木玲仁(2012)結局,どうして面白いのか―「水曜どうでしょう」のしくみ,1-238,フィルムアート社
著書(共著)
  • 佐々木玲仁(2012)アルバイトと課外活動 ―大学の外の社会,大学の中の社会―,高石恭子・岩田淳子編,学生相談と発達障害,51-72,学苑社
  • 佐々木玲仁(2015)心理アセスメントの研究法,橋本忠行・島田修・佐々木玲仁,アセスメントの心理学―こころの理解と支援をつなぐ,培風館,121-158
論説等
  • 佐々木玲仁(2013)風景構成法の有効性を考えるために──技法の前提を掘り下げる, こころの科学, 170,日本評論社,2-8:[出版社リンク]
  • 佐々木玲仁(2011)子どもにとっての反抗期の意義, 教育と医学,慶応大学出版会,59(5),414-421:[出版社リンク]
  • 佐々木玲仁(2013) 少年期の終わりに立ち合うこと ――川野論文へのコメント――,大分大学大学院教育学研究科 心理教育相談室紀要,9,69-73
  • 佐々木玲仁(2014) 臨床心理学における「実験」, 臨床心理学増刊第6号臨床心理職のための「研究論文の教室」,金剛出版,73-79:[PDFファイル]
  • 佐々木玲仁(2017)鈴木論文へのコメント 面接の困難に向き合うために,心理臨床――名古屋大学心の発達支援研究実践センター 心理発達相談室紀要,32,73-74
  • 佐々木玲仁(2018) 書評:伊集院清一著「空間と表象の精神病理」,臨床心理学,104,18(2),金剛出版,248-249

社会貢献活動

  • 福岡市適応指導教室まつ風学級スーパーバイザー(2010-2013)
  • NPO 法人絵本児童文学研究センター正会員ゼミ講師(2010-2013)
  • 東京都品川区教育委員会:教員研修講師(2013)
  • 創元社セミナー講師(2015-2016)
  • 家庭裁判所調査官研修講師(2015-2016)
  • 少年鑑別所心理技官スーパーバイザー(2016-)

主な担当授業科目

  • 臨床心理査定学演習I[実践臨床心理学専攻:専門職学位課程]
  • 投映法特論[実践臨床心理学専攻:専門職学位課程]
  • 心理テスト法演習[教育学部]

研究室の特徴・メッセージ

佐々木研究室では臨床でも研究でも「深く潜れる人になる」ことを目標に活動を行っています。臨床現場で深く潜るには、自身が来談者より先に溺れてしまわないための「臨床的肺活量」と、自身を含めて臨床の場全体を眺められる「再帰的俯瞰力」が必要です。また,研究で深く潜るには、時には人に突拍子もないと思われるかもしれない発想力と、データを最後の一滴まで絞り尽くす粘り強い分析力が不可欠です。そのような潜る力を日々鍛えている研究室です。