実践臨床心理学専攻

実践臨床心理学専攻(専門職学位課程)とは

 九州大学大学院人間環境学府実践臨床心理学専攻は,2005 年 4 月にわが国初の臨床心理分野の『専門職学位課程』として開設されました。
 専門知識・技法を学ぶ講義・演習と,実践力を養う学内・学外での実習とのバランスを考慮したカリキュラムを整備しています。
 2年間の教育課程で,臨床現場における即戦力となる高度な臨床実践力を備えた人材を養成します。
 修了時には,「臨床心理修士(専門職)」の学位が授与され,博士後期課程に進学することも可能です。詳しくは修了後の進路のページをご覧ください。

 

実践臨床心理学専攻で得られる資格

 本専攻修了者は,財団法人日本臨床心理士資格認定協会が認定する「臨床心理士」の受験資格が得られ,資格試験における「論文試験」が免除されます。
 また,大学(学部)等において定められた科目を履修し卒業した人は,本専攻に入学し定められた科目を履修し修了することで,国家資格である「公認心理師」の受験資格が得られます。

 

実践臨床心理学専攻での臨床心理実習

学内実習

 附属実習機関である九州大学大学院人間環境学府附属総合臨床心理センターの子ども発達相談室・心理教育相談室・生涯発達相談室の3部門において,幅広く心理相談・発達相談の実務実習を行います。

学外実習

 臨床心理分野の三大領域である,医療・保健領域,福祉領域,教育領域の全ての機関で実習を行います。約40機関の学外施設と連携しており,2年間の充実した実習体制を整えています。

実践臨床心理学専攻の担当教員

実践臨床心理学専攻担当教員の一覧です。

実践臨床心理学専攻の授業科目

実践臨床心理学専攻の開講科目一覧です。