Header image  
特色  
  概要 学際シンポジウム 取り組み 実施予定・報告 特色 コーディネータ 学際サロン お問い合わせ 学内専用
   
 

特 色

多分野連携プログラムでは、専攻の異なる教員が集まり、特定のテーマに関する学際的な教育研究を行います。平成24年度は学府全体で、独立した6つの取り組みを行っています。一覧は、取り組みをご覧ください。また、平成24年度より、多分野連携プログラムに関する連携研究イベントの通算5回の参加とレポートの提出により、授業科目「学際連携研究法」の単位が履修できます。

 

 

「授業科目・学際連携研究法」の履修方法
イベントに5回参加して、単位にしよう!

連携研究イベントの開催は、事前に人間環境学府ウェブページの掲示板で告知されます。興味を持ったイベントに参加してください。イベントでは、出席カードが配られます。イベントの性質によっては、人数制限などがある場合もありますので、掲示板の告知に従って必要な場合は事前連絡を行ってください。「学際連携研究法」単位履修のイメージ図を以下に示しますが、詳細はシラバスをご参照ください。

個別の取組およびイベントの詳細について知りたい場合には、パンフレット記載のメールアドレスなどを利用して、教員に積極的に連絡を取ってください。学際連携研究法単位認定フローチャートQ1. どのような学生が対象ですか?
人間環境学府全ての専攻の学生が対象です。修士課程、博士課程、専門職学位課程の全学年の学生が受講できます。

Q2. いつ開講されますか?
多分野連携プログラムのパンフレットとHPの実施予定を参考にしてください。

Q3. 何回参加したらよいですか?
通算5回以上です。感想を記入した出席カードを必ず提出してください。各コースに在籍している限り、年度をまたいでも累積できます。

Q4. 履修登録はどうやってできますか?いつ登録したらよいですか?
他の授業と同様、九州大学のウェブで履修登録期間内に履修登録を行います。通算5回のイベントの参加時は、履修登録をしていなくても構いませんが、最後の自己体系化レポートを提出する際には、履修登録を行ってください。その学期に単位認定されます。単位は、1単位です。

Q5. どのように評価されますか?
出席カード(感想を記入)50%、自己体系化レポート50%です。

Q6. 自己体系化レポートとは何ですか?
参加したイベント全体を振り返ってまとめるもので、学問や研究手法のつながりに関する考察と、自身の研究における視野の拡大や学際的なアプローチを強化するための提案を行ってください。原則A4で4枚以上(図表の使用可)です。

Q7. レポートの提出先・提出期限は?
自己体系化レポートはイベントに5回参加後、教務第一係に提出してください。

Q8. どのような取り組みがありますか?
今年度は、次の6つの取り組みがあります。(1)人間諸科学における「進化」と「文化」、(2)子どもの育ちを支える協同関係の構築にむけて~福祉と教育を結ぶ領域横断的基礎研究~、(3)共生社会のための心理学、(4)災害と学校―人間環境学の知見の構築―、(5)遊びと洗練、(6)アジアの都市と人―人文社会系協働研究・教育コモンズとの連携を基礎として―

 

2016年度多分野連携プログラム

平成31年度の多分野連携プログラム全体像

 

2016年度多分野連携プログラム

平成28年度の多分野連携プログラム全体像

 

2015年度多分野連携プログラム

平成27年度の多分野連携プログラム全体像

 

2014年度多分野連携プログラムの図

平成26年度の多分野連携プログラム全体像

 

平成25年度多分野連携プログラム全体像

平成25年度の多分野連携プログラム全体像

 

平成24年度の多分野連携プログラム全体像

平成24年度の多分野連携プログラム全体像

 

平成23年度多分野連携プログラム全体像

平成23年度の多分野連携プログラム全体像

 

平成22年度多分野連携プログラム全体像

平成22年度の多分野連携プログラム全体像