九州大学大学院
人間環境学研究院
人間科学部門・心理学講座

(兼任)教育学部・教育心理学第1研究室

Revision: 2012/06/24 (Still updating)

What's new?

For English version, click here
For international students who wish to do your graduate work with me, click here.

加 藤 和 生

Kazuo (Kaz) Kato, Ph. D.

個人情報
研究室:  〒812-8581 福岡市東区箱崎6ー19ー1
       九州大学大学院人間環境学研究院人間科学部門心理学教室,心理棟310号室
研究室電話(+Fax): 092-642-3311
Email:   kaz(a)hes.kyushu-u.ac.jp 注:(a)を@に読み替えてください
Webs:   
研究院:  http://hyoka.ofc.kyushu-u.ac.jp/search/details/K000591/index.html
        http://www.hes.kyushu-u.ac.jp/~kaz/
 研究室: http://mklab2.hes.kyushu-u.ac.jp/~web/ (丸野・加藤研HP)

学 位    Ph. D. (Psychology), The University of Michigan, Ann Arbor (USA)

研 究
専門・研究領域
 ●人格・社会心理学(自己心理学,対人関係学,社会的認知学;人格発達心理学, 文化心理学)
 ●家族内暴力(潜在的児童虐待被害,EDV(ドメスティック・バイオレンス目撃の影響))
 
研究関心領域
@自己過程に関する研究
 ●自己過程に関する心理学的研究

A対人関係に関する研究
 ●甘え行動・交流,成人の愛着に関する実証的研究
 ●議論行動・交流に関する実証的研究
 ●家族内暴力(潜在的児童虐待被害)に関する理論的・実証的研究
 
B社会的認知研究
 ●社会的認知に関する研究
 ●社会的メタ認知に関する研究
 
C文化と自己に関する研究
 ●相互依存性の文化心理学的研究

研究業績
 ●論文・報告書
 ●学会発表論文
 
現行の研究プロジェクト
 ●「甘え」行動・交流の心理学的研究
 ●成人の愛着行動の研究
 ●家族内暴力に関する実証的研究:特に児童虐待に関して(代表者:加藤)
 ●議論行動・交流の研究(科研A研究,代表者:丸野)
 ●自己と文化に関する文化心理学的研究(独立性・相互依存性)

所属学会
 ●国内
  日本心理学会日本教育心理学会
  パーソナリティ心理学会社会心理学会発達心理学会
  九州心理学会
 ●国外
  American Psychological Association
   (Divisions: Personality & Social Psychology, Educational Psychology, Family Psychology))
  Association for Psychological Science
   (Division 8, Personality & Social Psychology)


教 育
1. 担当科目
○大学院(人間環境学研究科科目)
 ・共通演習(MC1年生対象)
  通年: 心理学研究法演習(全教官による修士論文指導演習)
  後期: 行動心理学特講 (全教官による各研究領域の概論・研究紹介)
 ・演 習
  H24年度前期: 対人関係学  (演習) 愛着に関する論文の講読
           ( (2008), Handbook of Attachmentの講読)
  H24年度後期: 自己過程心理学(演習) 成人の愛着に関する論文の輪読(JPSPの過去2年の論文)

○学 部(教育学部科目)
 ・共通演習
  毎年度前期:   教育評価・測定(心理学統計2:実践編) 
  毎年度後期:   心理学実験1 (心理学研究・心理測定の概説ー2コマ担当) 
・講義・演習
  H24年度前期: 認知発達学 (演習) ーーーー発達に関する論文、論文の読み方を指導
  H24年度後期: 自己過程心理学 (講義)ーー
○全学教養科目(「発達としての個と環境との相互作用」」) 
H24年度前期: 加藤(4コマ担当) 『議論の心理学」「愛着と虐待」
 
2. 研究室研究会
 ・論文読み研究会
 ・デザイン研:各自の研究デザイン発表

3. 指導学生,卒業・修了学生

Copyright (c) 2002-2012 Kazuo Kato, Kyushu University All rights reserved