実践臨床心理学専攻の担当教員

実践臨床心理学専攻では,下記の教員が指導を行っています。

氏名資格専門領域
大場 信惠教授公認心理師
臨床心理士
病院臨床で長年の臨床心理経験を持つ、実務家教員。不登校・ひきこもり,思春期問題,臨床動作法およびイメージに関する研究。
吉良 安之教授公認心理師
臨床心理士
体験過程療法およびセラピスト・フォーカシングの研究。大学生の抱える心理的困難に関する研究と学生相談の実践研究。
黒木 俊秀教授精神科医
臨床心理士
精神科医として長年の臨床経験がある。精神薬理学・精神疾患・精神療法〈森田療法〉などに関する研究。
増田 健太郎教授公認心理師
臨床心理士
教育領域の実務家教員。学校に生起する諸問題(いじめ,不登校,教員ストレスなど)の臨床心理学的研究。不妊カウンセリングの研究。
中村 知靖教授心理データ解析学,心理測定学,心理テストに関する研究。
※博士後期課程行動システム専攻の専任教員
佐々木 玲仁准教授臨床心理士風景構成法を中心とした描画法、心理臨床場面におけるコミュニケーション、臨床心理学研究法の研究。臨床心理査定学の授業担当。
松下 智子准教授公認心理師
臨床心理士
各種心理療法(イメージ療法,アートセラピー,ブリーフセラピー,身体的アプローチ等)を用いた個人・グループカウンセリングの実践。学生相談領域での実践及び研究。
小澤 永治准教授公認心理師
臨床心理士
社会的養護児童への臨床心理学的理解と支援に関する研究。発達障害児・者のアセスメントと支援に関する研究。
田中 真理教授
(兼担)
公認心理師
臨床心理士
障害者(発達障害や知的障害等)の心理臨床に関する研究、およびアクセシビリティ環境構築のための学校・職場・家族支援に関する研究。
遠矢 浩一教授
(兼担)
公認心理師
臨床心理士
発達障がい児者および「きょうだい児」の集団心理療法,児童養護施設における心理療法,運動障がい児の臨床動作法に関する研究。
古賀 聡准教授
(兼担)
公認心理師
臨床心理士
アルコール依存症や薬物依存症など嗜癖問題の心理的援助に関する研究。アクション・メソッド(臨床動作法・心理劇)の臨床適用に関する研究。
金子 周平准教授
(兼担)
公認心理師
臨床心理士
人間性心理学に基づく個人カウンセリング(クライエント中心療法,体験的アプローチ),エンカウンター・グループやそのファシリテーター訓練,司法領域の支援に関する実践研究。

教員紹介のページには,各研究室の紹介を記載しています。