本大学院における公認心理師養成カリキュラムへの対応について

   

 平成30年3月30日付で文部科学省および厚生労働省より,本大学院で開講する科目が公認心理師法施行規則第2条に規定する実習演習科目の基準を満たすことを確認した旨の回答を受けました。

 これにより,九州大学大学院人間環境学府実践臨床心理学専攻および人間共生システム専攻臨床心理学指導・研究コースでは,平成30年度より従来の臨床心理士養成に加え,国家資格である公認心理師養成カリキュラムに対応することとなります。

 平成30年度以降入学者の内,大学(学部)等において定められた科目を履修し卒業した人は,本大学院において定められた科目を履修し修了することで,「公認心理師」試験の受験資格が得られます。

大学(学部)における科目履修状況につきましては,各自の出身大学にお問い合わせください。

参考サイト

 - お知らせ, 公認心理師対応