>教員一覧

行動システム専攻 心理学コース
氏名 代表的研究テーマ
中村 知靖 心理データ解析学、心理測定学
質問紙法による心理テストに関する統計的な方法の開発や学力や性格に関わる心理テストの開発を主な研究テーマとしています。
・項目反応理論を利用した心理テストの開発(言語能力,乳幼児コミュニケーション能力,表情認知能力など)
・コンピュータを利用した適応型テストの開発
・潜在変数モデルにおけるパラメータ推定法
加藤 和生 自己心理学、対人関係学
現在の主な研究関心領域は以下のとおりです。
・自己と対人関係に関する人格・社会心理学的、文化心理学的、発達心理学的研究
・甘え行動・交流に関する実証的研究;愛着行動の研究;相互依存性の文化心理学的研究
・社会的認知に関する研究
山口 裕幸 集団力学および対人行動学
主に以下のようなテーマで研究を進めています。
・優れたチームワークを育成・強化する組織マネジメント方略の研究
・組織や社会に安全と安心を確保し促進する方策に関する社会心理学的研究
・チームによる独創的な問題解決を実現するためのマネジメント研究
・異文化における組織の効果的人的資源管理に関する研究
橋弥 和秀 発達心理学・比較心理学
現在の研究関心領域は以下のようなものです。
・乳児における情動認知の発達過程
・ヒト以外の生物(チンパンジーなど)における情動理解の比較研究
・乳児における社会的認知に関する実験的研究と種間比較
・非言語的音声コミュニケーションの比較行動学的研究
・ヒトの発達の進化的・文化的基盤
光藤 宏行 知覚心理学、視覚科学
・奥行き知覚と3次元眼球運動の関係解明のための心理物理学的検討
・両眼視・運動視・パタン認識に関する視覚情報処理モデルの構築
・断片的な2次元像から奥行き面を知覚的に復元する機構の解明
實藤 和佳子 発達心理学、発達臨床心理学
以下のテーマを中心に、研究をすすめています。
・乳幼児が示す自己や他者の心の理解とその発達過程
・社会的認知の発達を支える要因
・自閉症におけるコミュニケーション発達、発達支援
池田 浩 社会心理学および組織心理学
主な研究テーマは下記の通りです。
・メンバーを下から支えるサーバント(奉仕型)リーダーシップに関する研究
・組織におけるワーク・モチベーションの測定とその促進要因に関する研究
・組織におけるフォロワーシップに関する研究
山田 祐樹 認知科学、行動科学 ・時間と空間と数の心的処理のしくみと、それにかかわる注意、意識、感情、文化の役割の解明
・ヒトと動物との比較による、情動、身体、言語、知覚の関係性の解明
山本 健太郎 実験心理学、時間心理学
人の主観的な認識や判断の基盤となる心の働きに関心を持っています。現在の主な研究テーマは以下の通りです。
・時間の長さの感覚、過去の出来事の時間的印象
・視覚的な動きの知覚や錯覚に関する研究
・異種感覚情報間における相互作用と時間的統合

※の教員は、博士後期課程の専任。

行動システム専攻 健康行動学コース
氏名 代表的研究テーマ
大柿 哲朗 運動・スポーツの生理学・生化学的研究
・実験室的研究:運動・スポーツの生理・生化学的検討
・フィールド研究:生活形態と健康度に関する国際比較研究
西村 秀樹 スポーツ文化に関する研究
・角界モラルに関する研究
・スポーツ・武道における「抑制の美学」に関する研究
・「引き分け」文化論
熊谷 秋三 生活習慣病・介護予防に関する身体活動疫学研究
・地域住民の死亡率、認知症、メンタルへルスおよび介護認定状況に関する身体活動疫学研究
・座位行動の疫学研究
・Obesity paradoxに関する疫学研究
斉藤 篤司 運動・スポーツの生理心理学的研究
・自己選択強度の運動に対する生理心理的応答と運動継続に関する研究
・体水分状態と体力、認知機能との関わりに関する研究
・ジュニアアスリートの栄養等摂取状況に関する研究
・代謝促進食品摂取が安静時および運動時の脂質代謝に及ぼす影響
杉山 佳生 体育・スポーツの心理学的研究
・体育・スポーツにおける心理社会的スキル教育に関する研究
・運動・スポーツ場面における社会的行動と心理に関する研究
・インドネシア火山噴火被災地における体育・スポーツを通した心理社会的支援
増本 賢治 身体運動時の生体応答に関する研究
・健康の維持・増進や競技力の向上を目的とした、種々の身体運動が成り立つ機 序に関する研究
内田 若希 運動・スポーツの心理学的研究
・中途身体障害者における自己変容プロセスに関する研究
・パラアスリートのスポーツキャリアの段階に応じた支援方略に関する研究
・パラアスリートを対象とした心理サポートの実践研究