>専攻・コース紹介

>>実践臨床心理学専攻

「こころの時代」における“高度専門職業人”である「臨床心理士(こころの専門家)」への社会的要請はきわめて 高くなっています。そして、こころの問題が複雑化・多様化する現代的状況では、臨床心理士にはより高度な専門性 (@種々の活動領域に対応、A生涯発達における様々な発達水準に対応する心理援助、Bいろいろな心理援助の介入技法の 利用、C地域に根ざしたコラボレーション能力)が求められるようになってきています。しかし、従来の大学院制度の もとでの養成システムには@研究者養成と高度専門職業人養成の混在のための時間的制約、 A研究者である教員による実務教育の限界などの問題がありました。それらの問題を克服するために実務教育の充実した “専門職大学院”を新設し、質の高い「臨床心理士」の養成をめざしています。
実践臨床心理学専攻のホームページへ