>教員一覧

共生社会学講座
氏名 代表的研究テーマ
關 一敏 アジア的視野にたった、文化人類学、宗教史、比較民俗学
1.東南アジア伝統医療の文化人類学的研究
2.フランス社会学派を中軸とする共同性の基礎理論
3.日本近代宗教史・民俗史の再構築
鈴木 譲 1.日本と米国における経済団体の比較分析
2.日本と米国における経営イデオロギーの比較分析
3.日本の産業政策に関する社会心理学的分析
安立 清史 福祉社会学、NPOの社会学
1.社会福祉・地域福祉・高齢化をめぐる社会政策を社会学的に研究している
2.ボランティア活動・NPO団体の社会学的調査−福祉ボランティア、介護保険とNPO、病院ボランティアの実態と意識調査を行っている
3.ボランティア・NPOの国際比較研究。具体的には、高齢化や地域福祉に関連して、アメリカと日本とで、ボランティア活動・ボランティア団体・NPO(民間非営利組織)の実態と活動調査を行いながら、得られたデータを国際共同研究において分析している
高野 和良 地域福祉社会学
1. 地域高齢化に関する社会学的研究
2.過疎、農山村に関する社会学的研究
飯嶋 秀治 1.世界社会内におけるアランタ研究。
2.共生社会システム論の構築。
3.危機介入の実践研究。
これまで、日本やインドネシア、オーストラリアの都市民、(元)農耕民、(元)狩猟採集民を研究してゆく中で、そこから世界社会内に埋め込まれた彼我の存在の仕方が見えてきました。こうして、見え方が異なってくると、彼らの危機への介入も、「ボランタリー」とは呼べなくなってきました。彼我の関係をひっくるめてこの「在り方」を再考する術語が必要となり、この作業を「共生社会システム論」という枠組みの中で行いたいと考えています。知って、考えて、動き出すために。